National Institute of Technology,Yuge College Alumni Asosiation

会則

弓削商船高専同窓会会則

第1章  名称および組織

第1条 本会を弓削商船高専同窓会と称する。

第2条 本会は本部並びに支部を次の場所に置く。

1)本  部   会長宅
2)京浜支部   支部長宅   7)尾道支部   支部長宅
3)阪神支部   支部長宅   8)今治支部   支部長宅
4)高松支部   支部長宅   9)徳島支部   支部長宅
5)弓削支部   支部長宅   10)高知支部   支部長宅
6)松山支部   支部長宅

第3条 本会は次の会員をもって組織する。

1)名誉会員  2)正会員  3)準会員

第4条 正会員は弓削商船学校、弓削商船高等学校、弓削商船高等専門学校(以下総括して本校と称する)の卒業生、並びに本校に学籍を置き、事情のため途中退学者で、本人の希望により、評議員会または支部長会において承認したものとする。

第5条 名誉会員は正会員であって多年本会のために功労のあった人、及び本会の主旨に賛同して会のため尽力寄与せられた方で、評議員会または支部長会において推薦した人とする。

第6条 準会員は本校在学中の学生とする。

第7条 本校の会員であって本会の名誉を毀損し、又は本会の統制に違反したものは評議員会または支部長会の決議により除名することがある。

第2章  目  的

第8条 本会は会員相互の親睦を図り、会員の福利増進を期し、かつ海事並びに電子機械工学及び情報工学の新技術の発展に寄与することを目的とする。

第9条 本会の目的を達成するために次の事業を行う。

1)会員名簿の発行並びに報道書類の配布
2)母校の教育活動への協賛
3)本会員の就職の斡旋
4)会員の慶弔に関する件
5)その他本会の必要と認める事項。

第3章  役  員

第10条       本会に次の役員を置く。

1)会 長   1名
2)副会長  若干名
3)支部長  9名
4)監 事   3名
5)相談役  若干名
6)顧 問  若干名
7)理 事   60名
8)評議員  航海学科、機関学科、商船学科の航海、機関コースの卒業生より各1名、電子機械工学科及び情報工学科の卒業生より各1名

第11条       顧問は本会名誉会員並びに母校校長及び教官、又はその任にあった人で総会の決議を得て推薦された人とする。

第12条       相談役は本会本部及び支部に設け、正会員中より会長が選考して総会において委嘱するものとする。

第13条       会長は総会において理事中より選出し、その任期は2年とする。但し、選挙により重任することを妨げない。

第14条       副会長、支部長、及び監事は会長が総会に図って理事中より選考任命し、その任期は2ケ年とする。但し、選挙により重任することを妨げない。

第15条      理事及び評議員は総会において正会員中より選出し、その任期は2年とする。ただし、選挙により重任することを妨げない。

第16条       会長は会務を総理し、必要に応じて理事会、評議員会を召集する。

第17条       副会長は会長を補佐し、会長に差支えある場合は会長に代って会務を総理する。

第18条       支部長は支部会務を総理し、必要に応じて支部会議を召集し、必要事項を本部に報告する。

第19条       監事は常に会計の収支に留意し、年1回収支決算書を作製させ、これを監査して総会に報告して承認を得るものとする。

第20条      本会事務並びに会計事務は、本部及び支部所在地在住の理事、評議員中より互選して、必要人員を確保してこれに当たるものとする。

第4章  会議及び決議

第21条       総会は本会の最高決議機関にして、会長又は代理人を議長として行い出席者(委任出席も含めて)が会員数の百分の一の出席をもって成立し、議決は出席者(委任出席を含め)の多数決によるものとし、賛否同数の場合は議長の採決による。ただし、総会は年1回以上開催し、その期日は開催地において決定し、開催地付近の会員及び各支部に通知するものとする。

第22条       理事会、評議員会並びに支部会議の議長は会長、支部長又はこれに代る者が当り、決議は総会にならう。

第5章  会  計

第23条       本会の維持経営は次の収入による。

1)入会金 10,000円。母校を卒業後、正会員として入会する時納入する。
2)会費 年額3,000円。
3)終身会費 20,000円。ただし65歳以上の会員に限る。納入後は年会費を免除。
4)特志寄付金。
5)会務遂行の必要上、緊急の場合は臨時募金をすることができる。

第24条       本会役員が本会公務による旅行するときは、原則として実費(全船協会費規定に準ずる範囲)を支給することができる。

第6章  会則の改訂

第25条       本会則の改訂を必要とする場合は本部・支部において会員の意見をまとめ、総会において審議の上、総会出席者(委任出席を含む)三分の二以上の賛同を要するものとする。

第7章  表彰規定

第26条 本会では弓削商船高等専門学校を卒業する本科の学生に対して「会長賞」の表彰を行う。

1)「会長賞」は商船学科の航海コース、機関コースそれぞれ1名、電子機械工学科1名、情報工学科1名の卒業生とする。
2)「会長賞」は在学中勤勉かつ優秀な学生に与えるものとする。
3)「会長賞」の受賞者には表彰状と記念品を授与する。
4)「会長賞」の選考については弓削商船高等専門学校の推薦に基づき、本部役員が決定する。
5)「会長賞」の授与方法については弓削商船高等専門学校の定める方法により会長または副会長が行う。

第8章  附  則

第29条       会員移動その他に関して、

1)本会員は身分及び、住所等に変更がある場合はすみやかに本部に報告すること。
2)本会員にして会員中に死亡その他重大なる変動があったことを承知した場合、すみやかに本部及び所在支部に通知すること。

 

本会則は平成元年6月より実施する。

改正

平成10年6月
平成13年6月
平成15年6月(本部所在地を会長宅から学校へ)
平成16年6月(会名を弓削商船同窓会から弓削商船高等専門学校同窓会に変更)
平成17年6月(徳島、高知支部を設立)
平成18年6月(学校卒業式での会長賞を設立、終身会費制度の設立)
平成19年11月(文面の書き換え)
平成22年6月(新浜支部を廃止して今治支部へ統合)
平成25年6月(文面の書き換え、役員10条へ支部長の欄を追加)
平成29年10月(文面の書き換え)

PAGETOP
Copyright © 弓削商船高等専門学校同窓会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.